女流花押作家のご紹介



鶴川流花押 新花押作家


≪藤原憬花 (ふじわら けいか) 女性≫


メッセージ



花押は、その人を表す鑑 ― そのたったひとつの形で、

その人の”すべて”を表す― どんな意味を込め、どんな印象を与えたいのか。

花押をもつ人の想いをしっかりと受けとめて、 その人に自信を与え、

その人の誇りとなるような花押を創作したい。


略歴

明治学院大学 国際学部 国際学科 卒業。

卒業後、広告制作会社にて、 Webデザイン、コピーライティングの仕事をしながら、
望月鶴川に師事、直接指導を受け書・歴史・花押創作を学ぶ。

2002年:望月鶴川のアシスタントを始める。

2003年: 准師範取得、セミナー助手、花押研究、花押創作、指導法を学ぶ 。

2006年12月:師範位取得。イベント・アシスタントを務め花押研究を進める。

2010年12月:花押作家を認定される。


≪大野舞花 (おおの まいか) 女性≫


メッセージ



花押の持つ華麗な姿

花押のもつ意義が書くことと共に、その中からkもし出す

美しさと意志の強さを歴史ん中から見つけて、形に表し

花押を持つこの楽しさを伝えたいと思っています。

 

略歴

二松学舎大学 中国文学科 卒業。

小学生から書を学び長く筆に携わってきました。漢字文化に長く触れて文字語源なども学び
望月鶴川に師事、直接指導を受け書・歴史・花押創作を学ぶ。

2002年:望月鶴川のアシスタントを始める。

2003年: 准師範取得、花押研究、花押創作、指導法を学ぶ 。

2006年12月:師範位取得。イベント・アシスタントを務め花押研究を進める。

2011年12月:花押作家を認定される。

 
宗主より推薦の言葉

大学時代より花押に触れ親しみ、卒業後デザインを学びながら、花押制作、講座、セミナー、イベントの
アシスタントを経ながら、歴 史など創作に必要な知識を学んできました。


デザインで学んだ知識を生かし新しい感覚をあわせ持ち、ここ数年は本格的な実技を 重視した創作法を学び、
特に指導法など花押指導者としての勉強を重ね
「正師範位」を取得するに至りました。


デザインで学んだ知識、経験を日本文化に生かした花押は
女性らしい繊細さと斬新的な時代にマッチした感性を生かすことが出来ます。


皆様の 暖かいご支援を宜しくお願い申し上げます。


 藤原憬花創作
●≪花押こまち≫ ¥54,000(税込)  
  創作 :  師範   監修 : 望月鶴川
  
●≪みんかお・さくら≫ ¥32,400(税込) 
  創作   師範    監修 : 望月鶴川
●≪みんかお・春≫ ¥21,600(税込) 
  創作   創作 : 藤原憬花    監修 : 望月鶴川

2016年6月1日  鶴川流花押  宗主 望月鶴川