No.144  学ぶ力は遊ぶ力  

2011/10/14

 

 
【 学ぶ力は遊ぶ力 】

今月初めにお会いした文学博士、日本の民俗学の権威者。
約束通り花押講座に体験でいらっしゃいました。

80歳を遥かに過ぎ、これから学ぶという。
私の講義を熱心にノートに取り花押を書く練習をしました。

いつもは教える立場の人が、受講生になりきり
楽しく、まるで遊んでいるかのように見えました。
わからい事があると、すかさず質問がきます。

以前、富士通のユーザ会でモンゴルでの講演のお話しを
聞きました。講演中も質問が多く、終わってからも質問攻め
になったと言っていました。

日本では誰も質問をしてこない。本当に理解してるのだろうか
とも言っていました。

私も同じ考えで講座の時に質問が何もないのが
不思議だと思っています。質問することが良いとは限りませんが、

ある方は前回の講義の話の中の、この部分は資料にはこう書いてあります。
どちらが正しいのでしょうかとお手紙で頂く事もあります。

質問の度合いで理解度もわかるような気がします。

30歳、40歳でも出来ないから、才能がないと言う人もいれば
80歳を過ぎてから、これから何年もかけて
研究していきますと意欲ある人もいます。

この先生には年齢という壁はないのでしょうね。
あるのは熱意、はつらつとして、まるで学生のように
目を輝かせて真剣に講義を聞き、質問をし、
意気揚々と夜の街を電車で帰って行きました。

これから長いお付き合いの助走が始まったような気がします。

ほんとに素晴らしい品の良い学者さんです。
体からも漲るパワーを感じます。

彫刻家の平櫛田中は100歳にして30年分の材料を購入し
熱意を燃やしました。
きっと、こういう方は遊び上手なのでしょうね。


【学ぶ力は遊ぶ力】

【意思ある者には時が味方をする。】


  記    望月鶴川拝