No.108  2011年は【花押を創る人・元年】

2010/12/26

 
  << 「花押を創る」 >>


    〜 1点の重み 〜

  2011年の目標をお考えました。

 【花押を創る人・元年】

 この一年間、そして今までの体験から、新たに200年を人生後半の全ての
  大目標に決めました。

 来年はその大切なスタートの年です。

  特にこの一年、花押を依頼された方との話から、花押依頼者は単純に花押を作れば良い、
 というのはほとんどなく もっと深いとところに真意があります。
  花押はその真意を探し出し、人の研究から始めなければなりません。


  私は デザインではなく 【人の花押】 を創る道を更に深く学びたいと思っています。

  ますます孤高の道を歩まねばならない考えています。
  それが花押依頼者へ、私に出来る 最大の仕事になります。


    ☆        ☆

2011年は、そういった意味でも大切な年になります。
過去数十年に渡って学び続けてきた花押の集大成を形にする貴重な年です。 
この一年、それを目覚めさせていただいた花押依頼者・関係者に感謝です。

   ☆        ☆

 「論語カレンダー」のトップに書いた文字「○○」は私の元年を表しました。
  そして購入者の新しい輝く人生の始まりを意味しました。

創作熟語のなかの一つに私の信念を入れてあります。
それは「○○○○」 がそうです。
 「論語カレンダー」は記念すべき作です。


<< 完 >>  

 記    望月鶴川拝