No.098 可能性の集結

2010/10/25

 
  << 可能性の集結 >>

 パソコンが新しくなり1か月、データ入れ替えもほぼ完了、これを機にと私生活も含め一変。

  データの最小化、手始めにデスクトップの省略可、これは元々ですが
  データの振分区分も最小化して分かりやすく、
  机の上は絶えずモニターのみ、なにもないことでいつも自由さがあります。

  パソコンに向かう時間を減らすことで考える幅も広がりアナログからITに向かっていたのを再び
  アナログに戻す方向へ転化しました。

 これはパソコンを今以上に有効に使う大きな要因になると思います。
 花押創作にも今まで以上に新鮮で歴史を含めた大きな変化が現れるはずです。
 
  パソコンも何もかも全て人が作り出したもの、今度はその人の力を自分の中に
  貯めて生かしていきます。

  大げさな考えですが、人生の折り返しに素晴らしいことに自分で気が付き
  良かったっと思っています。パソコンが壊れたことで大きな収穫を得ることができました。

  急に壊れたのも自分で直すことが直すことができなかったのも、予定より
  来るのが遅れたのも全て大きなチャンスを生み出すものだったのです。 

 このパソコンが壊れたことから、生まれた大きな可能性。

 ピンチはチャンスの始まりです。 行動が全てです。
 私生活から書から花押など仕事に至るまで全てをシンプルにしていくことだ

 これからは脳内パソコンのほうが今まで以上に活発に動いて新しい可能性を
 探し出してくれるでしょう。 吸収力は数倍に増えたはずです。



 記    望月鶴川拝