No.079  花押展を振り返る

2010/05/26

 
  << 経験 >>

 ♪  〜 変化の過程 〜

 花押展(下)を書く予定が時間が無くて今日まで過ぎてしまいました(^^)

  ・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜

 今まで書道展を毎年続けてきて、いつも何か違うと感じていました。
  事務局を引き継いだ時、新しい形を目指して規約から変えていきました。

 数年前までやっていたラグビーのとき同じでした。
  一番感じるのは自分の力ですが、どこまで出来るのか、不安半分、自信半分で
  全てやってきました。

 今回の花押展は周りの力がすごく大きくて私はその中で動く事ができました。
  助けていただいたというより、やってもらったという感じがしています。

 同時に自分の中の足りなさを感じ、次回の反省点としては
  とても大きな有意義な経験をしたと思います。

 いつも一緒に泳いでる方(元大学教授)が今年も花押展に来てくれて言いました。 

 「望月さん、やりたい!と思うというのは神様がそれを出来る人だけに思わせるのよ!
   だから望月さんが、そう思ったら出来るのよ! 」

 今年は大学生のお嬢さんを連れて見に来てくれました。

  ・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜

 ●小学生の時に習字を習いに来て以来、10年以上あっていませんでした。
  赤ちゃんを連れてお母さんと一緒に来てくれました。お母さんに花押展の事を聞いて
  是非来たいと思ったそうです。話が弾みました。

● 最年少出品の姉妹。中学1年、中学3年、3歳から我が家に来ています。
   こんな井大きくなってご両親と一緒に来てくれました。

●久米繊維社長がご家族で来ていただけました。
  ご家族で来ていただけるというのはとても嬉しいでことですね。
  今回は最初からプレスルームの展示なども含め大変世話になりました。

● フラワーエッセンス・セラピスト 宮武紀子さんに今回も受付をお願いしました。
 初回からいつも快く引き受けていただき、こちらからお願いしようなかぁ
  思う前にいつも連絡をしてくれます。とても信頼できありがたいことです。
 http://ameblo.jp/kiralan/


  ・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜・゜・ 。☆ ・゜・☆。・゜☆・゜・ 。☆ ・゜

仕事面でも鳩居堂様、有便堂様、一六堂様はじめ京都からオーグラム様ほか
沢山の方においでいただきました。
初回からお世話になっている富士通ファミリー会の浜本様、水田先生はじめ
多くの方のお力で今日まで来ました。

大切なのはこれからだと心に言い聞かせています。

 

記    望月鶴川拝