No.069 命のある花押

2010/03/06

 
  << 命ある花押 >> 

講座で花押の作り方の基礎をしました。

基礎と言っても何年も通ってる方は基礎を遥かに越えた水準にいるので、さすがと
思わせる花押を創ります。
体に染み込んだといって良いような花押が浮かび上がってきています。

私は今年になって2000近い花押を作りました。
数が多ければ良いというものではありませんが、花押創作を目指すのであれば
数を多く創るのは体に染み込ませるためにも必要です。

           Yさん
                 Hさん
              Bさん
 


この書いた用紙には命が吹き込まれています。
理由を書くことはできませんが、(実際に書いた人でないとわからない)
命の入っていない花押は、花押ではなく単に書いただけ!
それだけのものだと思います。

「鶴川流花押の定義は?」と過去に耳が痛くなるほど聞かれましたが、
今、その定義は瀧泉寺の五輪寶塔の中に静かに眠っています。

瀧泉寺に納められているのにも理由があります。
鶴川流は瀧泉寺以外では静かに眠ることもできないはずです。

花押が1000年も続くと言うのは命があるからです。

-----------------------------------------

記    望月鶴川拝