◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 

2009年度
時間の芸術  6/10 NEW
2008年度
 

No.035 時間の芸術

2009/06/10  

 
  << 時間が作り出すものは空白 >>

書、絵画、その他習い事、スポーツ、仕事でも同じで
時間をどうやって有効に使うかが一番問題です。

私は書でも絵でも、どれだけ時間と日数を費やしたかに注目します。
それも数秒で出来上がったものでも、そこまでの過程の時間も含めてです。

人の体も1日何時間も鍛えても1週間もすれば元に戻ってしまいます。
お掃除も同じですね。大掃除しても暫く何もしないでいるとあっというまに
汚れてしまいます。

毎日とは行かなくても回数が多い方が 綺麗なのを保てます。

少し練習して次に練習するまでの空白の1日〜2日、
それがあるから脳の中でやったこがを整理出来次の練習の時
進歩があります。

A : 1日10分で1日置きに4日間・・・40分
B : 1日3時間で1週間に一回・・・3時間


これは時間の魔法ですね。Aは空白の時間も生きて進歩しています。


----------------------------------

下の写真はカービングの横山先生からのハガキです。
http://blog.livedoor.jp/masao9753/archives/2009-05.html#20090528

カービングの横山先生は赤坂の展示会の時でさえ彫刻してました。
http://www.kakusenryu.jp/ivent/ivent.htm

和紙絵の川上先生も電話するといつでも「今、書いてる最中なの!」
グラスリッツェンの茂呂先生もいつ電話しても「彫刻中!」

次回の「揺籃展」のお誘いで
http://www.kakusenryu.jp/ivent/youranten.htm
「近いうちにみんなで会って決めましょう」というお誘いです。

皆さん行動派の方ばかりです。数日中には会う日も決まるでしょう。
会えば、その場で日程も決るでしょう!



中には話が出ただけで製作にかかっている方もいるはずです(^^)
息の合った仲間同士楽しみです。

記 6月10日 記  望月鶴川