◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 

2009年度
逆も真なり  6/3 NEW
2008年度
 

No.033 逆も真なり

2009/06/03  

 
  << どこに役に立つのか >>

風神雷神を核に当たって、なにおイメージするか問題でした。
北斎の風神雷神を勉強しましたが、イメージが強くなりすぎるのを
抑えるために上の菩薩の絵を書いて見ました。

なぜ書いたのかと言われると難しいんですが。反対のこんにちはとやると
心の中、頭の中が整理されるような気がします。

それ以外に理由は思い浮かびませんが、私ははんたいに近いことをやる。
きっとそれが好きなんですね。

大胆なことをするときは繊細な事を。。。

1:大胆な中にも繊細さを失わない。
2:反対な事をやることで冷静にそれを見ることが出来る。
3:気分転換になり重圧に負けない。

以上が考えてみると理由らしい理由です。

そしてざっと下書きとして書き上げたのはBLOGに掲載しました

記 6月3日 記  望月鶴川