◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 

 
009 花押を学ぶ
2008/3/ 20


■読売日本テレビ文化センター:平成15年10月

初めての花押講座を平成15年に「読売文化センター金町」で開講しました。
半年クールなので今月の講座で丁度丸5年、10期が終わりました。
5年間、通い続けていただき現在も通い続けて下さる生徒さんもいます。
東大の研究所で40年にわたり古文書を研究していた方、昭和の書道の大家、西川寧先生と
一緒に書を学んでいた方、梵字の大家など、、教わる部分も多い5年間でした。
4月からは6年目に入り、ますます私自身の勉強が必要になります。


■銀座教室:平成17年9月

一回目の花押講座を恵比寿で行いました。回を重ねて3月で27回を数えました>
「継続は力なり」その言葉通り研究科生は5名になり、年内には師範科生も誕生する予定です。
4月は「28回花押講座」銀座での花押展もこの教室からスタートしました。

■通信講座:平成18年1月

「労多くして功少なし」と言われる独学的な自分の力に頼る通信講座、その中から見事に
指導者養成講座で「師範」に進まれた方もいます。上級科を卒業された方もいます。
「継続」+「努力」の二つを重ね、築き上げてきました。師範に相応しい誕生です。

(下記は研究科卒業作品の一部)


■日本橋講座:平成19年1月

新しく始まった教室、今4月からは夜の部に集約し新スタートになります。
銀座に続き日本橋からの花押発信が新たに時間を変えて始まります。

*教室での勉強は私の勉強の場でもあります。受講者と一緒に学ぶ場です。
花押・書・歴史日本の文字文化の泉としたいと思っています。
新師範誕生は私にとっても嬉しい事です。



記  望月鶴川