◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 

 
001 花押・・・1
2007/1/6

花押のおはなしの第1話をお贈りいたします。

このコーナーでは花押の歴史も含め花押が私たちの身近にどのように息づいているのか、
絶えることなく1000年の歴史が続いたことを意識し、その奥深さに触れていこうとおもいます。

それでは「花押」とは何を指して花押と呼ぶのでしょうか?

皆さんが書類や手持ちのものに書くサイン。そうです通常サインといわれている署名のことをいいます。

昔の古文書などを見ると、随分変った花押がありますね。とても文字とは言えないような

まるで 花のような形をしたり図案化したようにあでやかな如何にも日本風なイメージ があります。
その 花のような形をした署名、それが「花押」 と呼ばれるゆえんなんです。

漢字文化の繊細さと仮名文字に見られる流暢な、平安絵巻のような華麗さがありますね。
今日からその花押を少しづつ身近に感じながら解き明かしたり、自分の役に立てたり

様々な角度から花押に親しんでいく予定でいます。



「鮨ねぎし」  コースター



とても気に入っています。気に入った理由は迷いがなく思い切って書くことが出来たからです。
だから人の手に渡ります。

私は自分で書く書は人とのl心のつながりがない文字はよくないと思っています。
だから、私はこれでいいのだと思って書きます。

これもそうで、これでいいのだ!


記  望月鶴川