◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 
 HOME > イベント・セミナー >朗読と書の調べ ・・金の薔薇咲くみずうみ


金の薔薇咲くみずうみ
  --------*--------
朗読:醍醐千里
 書 :望月鶴川
映像 フォトグラファー * 上牧佑
香り アロマインストラクター * 柳井康介



横浜「港の見える丘公園」内にある瀟洒な建物近代文学館。

ここで2月についで2回目の朗読と書の会を開きました。
今回は映像とアロマが共演する趣向溢れる文学館に相応しい
会になりました。

第一部  虹映るとき

  明るく綺麗な会場には12:30の開場の時間には早くからお客様がいらして
  受付でお渡ししたアロマの香りが朗読の雰囲気を更に盛り上げてくれました。
 
  静かに朗読が始まり、会のスタートです。


静かに朗読する醍醐千里さん。
会場に響く語りかけるような言葉の一つ一つに書を書く私も思わず
手を止めて聞き入ってします。


朗読にあわせ書いた色紙を横のボードに展示させていただきました。


<当日の書は後日アップさせていただきます。9/1望月鶴川>


第二部  丘の上便り


二部では少し私が時間を頂き書いた書の説明をさせて頂きました。
私にとって全ての書が思いの入った大切な書です。
開場の皆様、醍醐さんとの楽しい語らいのひと時になりました。

<春夏秋冬>


引き続き朗読が始まります。
二部のメイン「佐藤さとる」さんの詩を朗読です。

第三部   金の薔薇咲くみずうみ
魂の約束・女神の星・金の薔薇咲くみずうみ


初めに2点、書を書かせていただきました。
女神の星
魂の約束
掛軸用の半切サイズ2枚です。


「魂の約束」 「女神の星」「金の薔薇咲くみずうみ」の
大作を朗読。

最後に上牧様の会場を包みような素敵な映像が流れ静かに朗読会を終えました。

お礼のご挨拶

書いた色紙は抽選でプレゼントいたしました。

今回は醍醐さんのお力で前回とは異なった趣向で新しい試みで
朗読の新しい魅力を引き出すことになりました。
ご来場いただいた皆様、ご協力をいただいた上牧様、柳井様そして
リハーサルから隅々までお手伝いいただいたスタッフの方画のお陰で
素晴らしい会を作り上げる事ができました。
このような会に参加出来たことを改めて感謝しています。

醍醐千里さん、ご協力していただいた皆様、ご参加いただいた方々
どうもありがとうございました。

2007/9/1 望月鶴川記