26回 座間市文化協会員のつどい

会場:座間市総合福祉センターサニープレイス座間



座間市生涯学習科
座間市教育委員会


私、畑氏、藤原さんとともに座間市書道連盟顧問、大下綾風先生と待ち合わせ、
会場に行く前に近くの 座間谷戸山公園をご案内していただき散策後、4人で「やぶ久」でお蕎麦をご馳走になりました。
抜群に美味しいといわれるだけあって 天ぷらもお蕎麦も最高の味で堪能しながら
大下先生と楽しく歓談した、会場へと行きました。

 

書道連盟顧問 大下先生の
ご挨拶から始まり、
紹介を受け講座の始まりです。


講演参加者は100名

ボード・プロジェクター・ビデをを使っての解説
皆様、大変 楽しんでいただけたようです。


  今回は講座の中で「座間市」の花押を製作する事になりました。
「座間」のそれぞれの文字の字源を解釈し、私なりに座間の由来の新説を立て
花押を作成し実際に筆ペンを使い書きました。

この新解釈がとても好評で、講座終了後、市の郷土資料を研究してる方から
感謝の言葉を言われたり、市からお礼のメールを頂いたりありがたかったです。

 
PM1:30から1時間半の講演も無事、盛大に終わり、終了後
「花押のせかい」の著書を購入していただいた沢山の方からサインを頼まれました。
お世話になった大下先生と最後に記念写真。
講座にご参加いただいた皆様ありがとうございました。
写真は左より 藤原師範、望月、大下先生、畑名誉教授。
今回は座間市の恒例の文化行事の一環として行われました。
大変楽しい時間を過ごさせていただき感謝しております。
生涯学習花押の照山様他、教育委員会教育長の皆様には 大変お世話になりました。
プロジェクター・ビデオ等、各種設備もご用意していただきとても意義の深い講演でした。

2007.4.1 Fhoto by  畑神左 ・藤原憬花   Write by 望月鶴川  on MITA