靖国神社 61回みたままつり

靖国神社の「光の祭典 みたままつり」 懸雪洞(かけぼんぼり)に奉納展示されました。
全部で400点の作品が展示されました。横綱朝青龍、白鵬関の相撲界、政治家、画家、書家、工芸家、歌舞伎界、落語界など多数の
著名人の作品がありました。海外からの作品もあります。



写真A:夕方になってぼんぼりに灯りがともり和紙の幻想的な雰囲気が出ました。(鶴川流花押宗家と紹介されています)
写真B:中央に揺籃の文字を使った「花押」を入れました。

写真D


写真C:ポスターです。
写真D:本殿へのる参道に飾られた提灯が壮大でした。

写真E
写真F

写真E:長い参道の周りは屋台が沢山でていて小さい頃の縁日を思い出します。人が凄く多かったです。
写真F:お化け屋敷まで出てました、他にも見世物が屋があったり入ってみたかったなぁ。


写真G
写真H

写真G:森光子さんの書かれたぼんぼりです。とても素敵に優しさが出ていますね。。
写真H:このようにずっと並んで奉納展示されています。私の作品は「遊就館」への道の入り口近くにありとても良い場所に展示されていました。。


とても良い記念になりました。又何時の日か飾られるといいなぁ!
見学の時、ちょうど、権宮司さんとお会いし、説明をお聞きしたり
楽しいひと時を持つことが出来ました。

2007/7/16 Write by 望月鶴川